2次元シンボルの種類と特長

2015年9月3日 / 

マトリックスシンボルの種類 マトリックスシンボルの原形は、1982年にベリテック社が開発したVeriCodeである。正方形の枠が特徴であり、その中にデータが書き込まれている。日本で紹介されているVeriCodeは、三菱商… 続きを読む

PDF417

2015年9月3日 / 

概要 PDF417は、1989年(平成元年)シンボルテクノロジー社によって開発されたスタック型の2次元シンボルで、1994年AIMIのUSS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっている。PDF417は、情報… 続きを読む

バーコードリーダの種類

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードリーダは、読取方式によってマニュアルスキャン方式、CCDスキャン方式、レーザスキャン方式、イメージセンシング方式、リニアイメージセンシング方式に分類することができる。また、バーコードリーダは、形状によ… 続きを読む

MicroPDF417

2015年9月3日 / 

概要 MicroPDF417は、シンボルテクノロジー社が、1992年に開発したスタック型の二次元コードで、1998年AIMIのITS規格に登録されている。MicroPDF417は、PDF417を基本に、スタートストップコ… 続きを読む

バーコードリーダの最新動向

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードシステムが米国シンシナティのスーパーで初めて使用されてからおよそ35年になる。その後、バーコードは、製造、物流、小売、娯楽、行政、病院、教育等、様々な分野で使用され、自動認識技術の中心的技術になってい… 続きを読む

QR Code

2015年9月3日 / 

概要 QRCodeは、(株)デンソーが開発が、1994年に開発したマトリックス型の二次元コードで、マトリックス型では特に、読み取りの高速化(Quick Response)に配慮したことが大きな特長となっています。また、オ… 続きを読む

読取率と誤読率を改善する方法

2015年9月3日 / 

はじめに 読取信頼性は、読取率と誤ヌ率で表現される。読取率は、バーコードをスキャンする回数に対して読み取ることができた回数で計算され、100回のスキャンで 99回の読取ができた場合は、読取率は99%になる。一方、誤読率は… 続きを読む

コントラスト値の表記方法(PCS値とMRD値)

2015年9月3日 / 

バーコードのコントラストの表記には、PCS値(Print Contrast Signal)とMRD値(Minimum Reflectance Difference)が代表的である。バーコードリーダの読み取りできる最小コン… 続きを読む

ダイレクトパーツマーキング(DPM)

2015年9月3日 / 

DPMとは ダイレクトパーツマーキングDPMとは、ラベルを使用せず製品に直接マーキングする技術である。2次元シンボルのダイレクトマーキングは、半導体や液晶のようにマーキングスペースが極めて少ない製品に対して行われていたが… 続きを読む

2次元シンボルの印刷品質

2015年9月3日 / 

概要 2次元シンボルの印刷評価は、ISO15415で規格化されている。本規格では、2次元シンボルの特徴的な属性を計測する方法を規定し、計測結果を評価し等級付けする方法と総合評価する方法を定義している。2次元シンボルの評価… 続きを読む