2次元シンボルとは

2015年9月2日 / 

バーコードは、バーコードシンボルキャラクタを直線的に並べて情報化しているので1次元シンボル(またはリニアシンボル)と呼ばれている。これに対しシンボルキャラクタまたはそれに相当する情報単位を縦横に配置したシンボルを2次元シ… 続きを読む

バーコードの種類と特長

2015年9月2日 / 

現存しているバーコードシンボルの中でもっとも古いシンボルは、スタンダード(インダスリアル、ディスクリート)2 of 5である。これは、スペースを使用せず、バーのみでコード化したシンボルである。シンボルキャラクタは、5本の… 続きを読む

バーコードの特徴

2015年9月2日 / 

高い信頼性 バーコードは、バーをどこでも横切るようにスキャンさえすれば読み取ることができるので、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを逃げてスキャンすれば読み取れる。この冗長性とシンプルな仕組みが、バーコードの高い読… 続きを読む

バーコードシンボルの方式

2015年9月2日 / 

バーコードは、シンボル化のしくみにより次のように分類される。まず一つは、シンボルキャラクタがキャラクタ間ギャップで区切られているシンボルを独立型と言い、区切られてないシンボルを連続型と言う。独立型は、キャラクタ間ギャップ… 続きを読む

バーコードの課題と将来展望

2015年9月2日 / 

POSにおけるセブンイレブンの果たした役割 バーコードは、チェックアウトの合理化のために開発され、1984年、セブンイレブンのPOS導入により一気に普及が加速した。導入初期は、ペンスキャナを使用していたためにビニル袋製品… 続きを読む

POSシステムの利用方法

2015年9月2日 / 

はじめに POSとは、Point of Salesの略であり、販売時点情報管理システムのことである。つまり、売上情報を販売時点でリアルタイムに収集し、単品レベルでの商品管理や販売管理をするためのシステムである。売上情報の… 続きを読む

EDIにおけるバーコードの役割

2015年9月2日 / 

EDI環境における納品形態 EDIによる納品の仕組みは、次のようになっている。まず、納入者は、ピッキングが終了すると箱詰めされた製品にバーコードの出荷ラベルを貼る。このバーコードは、注文番号、製品名、数量と言った製品情報… 続きを読む

2次元シンボルのアプリケーション

2015年9月2日 / 

はじめに 近年、2次元シンボルは広く知られるようになり、特別な自動認識技術ではなくなった。2次元シンボルの登場からおよそ20年になるが、2次元シンボルの開発競争の時代からアプリケーション毎に2次元シンボルを使い分ける共存… 続きを読む

2次元シンボルシステムの留意点

2015年9月2日 / 

はじめに 2次元シンボルは、大きな情報量、高い情報化密度、バイナリー対応、小さなサイズ、誤り訂正、高速読取等の優れた特長を持っている。これらの特長に期待し過ぎると、読取時間が遅くなり、時には読取不能に陥ることがある。した… 続きを読む

バーコードシステムのチェックポイント

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードや2次元シンボルのシステムを導入したが、思ったほど効果が出ていない、あるいはトラブルが多く効率が低下した、大きなシステム変更が必要になったといった話を聞くことがある。それは、システム導入が目的になって… 続きを読む