バーコードの役割

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードは、情報システムに対する入力手段としては、早い入力速度、優れた読取率、低い誤読率、安価なメディア、安価なバーコード関連機器等の特長により、幅広く利用されている。そこで、バーコードが情報システムな中で果… 続きを読む

自動認識技術の比較

2015年9月2日 / 

自動認識技術とは バーコードは、流通、物流、製造、サービス、行政、研究、医療、教育等、様々な分野で使用されている。それは、単なるブームではなく、他の自動認識技術に比べ多くの優れた特長をもっているからである。一方では、バー… 続きを読む

新しい流通商品バーコードGS1 Databar

2015年9月2日 / 

2010年からPOSで使用 GS1 Databarは、2010年1月からグローバルな流通標準シンボルとなることが国際的に承認されました。これは、国際流通標準化機関であるGS1(本部ベルギー、108カ国加盟)が定めた標準バ… 続きを読む

バーコードの印刷品質

2015年9月2日 / 

はじめに バーコードシステムは、’70年代に登場したJANコードによるPOSシステムから始まり、’80年代にはITFコードによる梱包単位の物流管理システムに展開していった。これらの時代では「バーコ… 続きを読む

チェックデジット

2015年9月2日 / 

概要 チェックデジットは、チェックキャラクタとも言われ、データの信憑性を確認するためにデータの最後に付加するキャラクタである。チェックデジットは、一般的に各桁の値の総和を求め、それを桁数で割った余りを利用するが、その演算… 続きを読む

ISO/IECシンボル識別子

2015年9月2日 / 

概要 バーコードや二次元シンボルのデータにアプリケーション識別子やデータ識別子が付いていれば、それが何のデータかを判断することができる。しかし、同じ桁数で異なるシンボルの場合、そのデータが、製品番号なのか、ロット番号なの… 続きを読む

アプリケーション識別子 (AI)

2015年9月2日 / 

  GS1(EAN.UCC)は、アプリケーション識別子(Application Identifier)を使用して、様々な情報を共有化できるようにしている。これは、情報の頭に付加される識別コードで、この識別コードに続くデー… 続きを読む

グローバルロケーション番号 (GLN)

2015年9月2日 / 

はじめに グローバルロケーション番号(Global Location Number)は、国内および国際間取引において相互に企業や事業所等を識別するための国際標準の事業所コードで、GS1(EAN.UCC)が規定している。国… 続きを読む

連続出荷コンテナコード (SSCC-18)

2015年9月2日 / 

連続出荷コンテナコード(Serial Shipping Container Code)は、国内および国際間取引における物流単位(パレット、ケース、カートン等)を識別するための国際標準のコードで、GS1(EAN.UCC)が… 続きを読む

梱包インジケータ (PI)

2015年9月2日 / 

梱包インジケータ(Package Indicator)は、梱包形態や入数を識別するための国際標準のコードで、GS1(EAN.UCC)が規定している。GTIN(国際取引商品コード)の先頭の1桁が、梱包インジケータである。 … 続きを読む