国際取引商品コードGTIN (ジーティン)

2015年9月2日 / 

概要 流通共通商品コードは、米国で12桁のUPCコードが作成され、その後、UPCシンボルとの整合性をとりながら国際的に使用できる流通コードとして 13桁のEANコードが作成された。2種類の共通商品コードが存在することは、… 続きを読む

省スペースシンボル GS1 Databar (RSS)の概要

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

GS1 Databar Expanded (RSS Expanded)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

GS1-128 (UCC/EAN-128)の概要

2015年9月2日 / 

概要 POS(販売時点管理システム)やEOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)等の流通情報管理システムの発展により、より高度な商品管理や物流管理、業務管理が求められている。そこで、1988年、GS1(EAN.… 続きを読む

GS1 Databar Limited (RSS Limited)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。1999年… 続きを読む

GS1 Databar (RSS-14)

2015年9月2日 / 

概要 RSSとは、Reduced Space Symbology(省スペースシンボル)の略称で、1996年、国際EAN協会と米国コードセンター(UCC)が共同で開発した小物商品用の流通バーコードシンボルである。グローバル… 続きを読む

Codabar (NW-7)

2015年9月2日 / 

Codabar(NW-7) コーダバー(Codabar)は、モナークマーキング(Monarch Marking)社が、1972年に開発したバーコードシンボルで、日本ではNW-7の名称で呼ばれている。海外ではCode 2 … 続きを読む

Code128

2015年9月2日 / 

Code128 Code128は、コンピュータアイデンティクス社が、1981年にパソコンの入力対応という要望のため開発したバーコードシンボルで、アスキーコードの128キャラクタを表現できる。 Code128の名前は、この… 続きを読む

Code39

2015年9月2日 / 

Code39 Code39は、1974年インターメック社が開発したバーコードシンボルで、1994年にJIS-X-0503として規格化され、1999年に ISO/IEC16388として規格化されている。英数字が使用でき、誤… 続きを読む

Interleaved 2 of 5 (ITF)

2015年9月2日 / 

概要 インターリーブド(Interleaved)2 of 5は、インターメック(Intermec)社が、1972年に開発したバーコードシンボルである。スペースを利用せずにバーのみの構成であったCode 2 of 5(スタ… 続きを読む