PDF417

2015年9月3日 / 

概要 PDF417は、1989年(平成元年)シンボルテクノロジー社によって開発されたスタック型の2次元シンボルで、1994年AIMIのUSS規格に登録され、2000年にISO/IEC規格になっている。PDF417は、情報… 続きを読む

バーコードリーダの種類

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードリーダは、読取方式によってマニュアルスキャン方式、CCDスキャン方式、レーザスキャン方式、イメージセンシング方式、リニアイメージセンシング方式に分類することができる。また、バーコードリーダは、形状によ… 続きを読む

MicroPDF417

2015年9月3日 / 

概要 MicroPDF417は、シンボルテクノロジー社が、1992年に開発したスタック型の二次元コードで、1998年AIMIのITS規格に登録されている。MicroPDF417は、PDF417を基本に、スタートストップコ… 続きを読む

バーコードリーダの最新動向

2015年9月3日 / 

はじめに バーコードシステムが米国シンシナティのスーパーで初めて使用されてからおよそ35年になる。その後、バーコードは、製造、物流、小売、娯楽、行政、病院、教育等、様々な分野で使用され、自動認識技術の中心的技術になってい… 続きを読む

QR Code

2015年9月3日 / 

概要 QRCodeは、(株)デンソーが開発が、1994年に開発したマトリックス型の二次元コードで、マトリックス型では特に、読み取りの高速化(Quick Response)に配慮したことが大きな特長となっています。また、オ… 続きを読む

読取率と誤読率を改善する方法

2015年9月3日 / 

はじめに 読取信頼性は、読取率と誤ヌ率で表現される。読取率は、バーコードをスキャンする回数に対して読み取ることができた回数で計算され、100回のスキャンで 99回の読取ができた場合は、読取率は99%になる。一方、誤読率は… 続きを読む

DataMatrix (DataCode)

2015年9月3日 / 

概要 DataMatrixは、アイディマトリックス社が、1987年に開発したマトリックス型の二次元コードで、日本では、データコードと呼ばれている。 ECC000、ECC050、ECC080、ECC100、ECC140バー… 続きを読む

分解能と読取率の関係

2015年9月3日 / 

分解能の高いスキャナに変えたが、読取率が良くなるどころか、かえって悪くなったとう言う話を聞く。これは、分解能と読取率の関係を良く理解していないことによる。そこで、次にバーコードリーダの分解能と読取率の関係について説明する… 続きを読む

GS1 DataMatrix

2015年9月3日 / 

概要 GS1 DataMatrixは、GS1(UCC/EAN)が流通用に標準化した2次元シンボルであり、DataMatrix ECC200をベースにしている。GS1 DataMatrixと従来のDataMatrixを区別… 続きを読む

MaxiCode

2015年9月3日 / 

概要 MaxiCodeは、1987年(昭和62年)、米国最大の宅配業者であるUPS社が、小荷物の管理と仕分け追跡のために開発したマトリックス型2次元シンボルである。殆どのバーコードや2次元シンボルシンボルは、リーダメーカ… 続きを読む